お問い合わせ

特集記事

DX人材の育成が進まない企業によくある4つの原因

はじめに

DXの成功には、デジタル技術の知識や変革を進める力が不可欠ですが、多くの企業がこれらのスキルを持つDX人材を十分に育成できておらず、様々な課題に直面しています。

この記事では、DXがうまく進まない企業に共通する問題点を詳しく掘り下げ、それにどう対処すれば良いかを解説します。

DXが進まない企業は今後どうなるのか?

DXが進まない企業は今後、どのような未来に直面するのか。デジタル技術の活用が進む現代のビジネス環境は、まさに生き残りをかけた競争の場です。
技術の進化は急速で、市場のニーズも日々変化しています。このような環境で競争力を維持し続けるためには、デジタル技術を活用したビジネス変革、つまりDXを推進することが不可欠です。

しかし、社内にDXを遂行できる人材がおらず、DXリテラシーが低い状態では、いくらDXに取り組んだとしても、成果は出にくいのが現状です。
社内のDXリテラシーを高め、変革を遂行できる力を持った人材を育てることが、企業が未来のビジネス環境で成功を収める鍵となります。

DX人材育成が進まない4つの原因

1.社員がDXに対し無関心

DX人材育成が進まない1つ目の原因は、社員がDXに対して無関心であることです。
多くの社員は、DXが自分の仕事にどう影響するかを理解できていないことがほとんどです。中には「DXはIT業務やテクノロジー関連の部署の話だ」と思っている人も少なくありません。

DXについては名前を知っているものの、その意味や実際のビジネスへの影響まで理解していない場合があります。そのため、まずは取り組みを始める前に、DXの必要性やメリットを具体的に伝えることが重要です。

具体的には、DXが業務プロセスをどのように変え、効率をどのように向上させるのか、また、DXを通じて新たなビジネスチャンスがどのように生まれるかなど、具体例を挙げて説明することが効果的です。
経営層から現場の社員まで、DXがもたらす変化を具体的に理解し、自分たちの仕事にどのように活かせるかを示すことで、社員の関心を引き、積極的な参加を促すことができます。

2.DX変革に抵抗感を持っている

DX人材育成が進まない2つ目の原因は、社員がDX推進に抵抗感を持っていることです。
「今のシステムで問題ない」「システムを変更するのは面倒だ」と考える社員も少なくありません。その結果、新しいシステムやプロセスの導入に消極的であり、DXの効果が限定的になりがちです。

例えば、顧客情報を紙のファイルからオンラインで共有できるシステムへの変更を行った場合、全ての部署の人が必要な情報にすぐにアクセスできるようになり、業務がスムーズに進むはずです。
しかし、この新しいシステムを使いこなせる人が一部に限られている場合、情報の共有が十分に行われず、業務の効率は向上しません。

この問題を解決するためには、変革の過程で発生する不安を解消し、安心してDXに取り組める環境を作ることが必要です。

3.DX推進のリーダーがいない

DX人材育成が進まない3つ目の原因は、DXを推進するリーダーがいないことです。
DX人材を採用することは難しく、多くの企業で、DX推進をリードできる人材が不足しています。誤解されがちですが、必ずしもIT技術に長けたデジタル人材がDXリーダーに適任とは限りません。

DXリーダーには、デジタル化に関する深い知見に加えて、組織全体にビジョンを描き、社内を牽引し、変革を実現できる推進力が求められます。つまり、適切なリーダーシップ研修を提供し、内部からこのようなリーダーを育成することが鍵となります。

4.DXのビジョン・戦略が不明確

DX人材育成が進まない4つ目の原因は、DXのビジョン・戦略が不明確であることです。
企業全体で共有される明確なビジョンや戦略が欠けていると、DX推進の方向性がぶれてしまいます。そのため、全員が理解しやすい形でビジョンを定め、具体的な戦略を策定することが重要です。

例えば、企業が目指すべきデジタル変革の具体的な目標を設定し、それを達成するための段階的な計画を明確にすることが求められます。また、各部門がどのように協力し、どの技術を用いて目標に貢献できるかを詳細に説明することも不可欠です。

さらに、定期的なレビューとフィードバックの時間を作り、戦略の効果を測定し、必要に応じて調整するプロセスも組み込むことも必要です。これにより、DX推進が具体的で実行可能なものとなり、全社員が変革に向けて一丸となって取り組むことが可能になります。

DX推進に第一歩「DX推進リーダーを育成する」

DX推進の第一歩として、まずは「DX推進リーダーの育成」から取り組むことをおすすめします。

DXリーダーが社内にいることで、変革の先頭に立ち、新しいアイディアと戦略を推進させることができます。リーダーの存在は、組織内の他の社員もDX推進への理解と参加を促進するため、企業全体のデジタル変革がスムーズに進行します。

リーダーが明確なビジョンと方向性を示すことで、全社員が団結してDXを推進し、組織全体の成果と成長に貢献できます。

パソナグループのDX研修プログラム

■DXリーダーズプログラムとは

弊社では、「DX人財を10,000名育成する」という野心的な目標を掲げています。DXは、単なる技術的な挑戦ではなく、全ての働く人々に「もの創りや協働の楽しさやワクワク感」をもたらす革新的な方法論です。このビジョンを実現するため、技術とニーズを結び付け、新しい価値をデザインする3か月間の企業間交流型プログラム「DXリーダーズプログラム」を開催しています。

DXリーダーズプログラムは、理論だけでなく実践的な学習に焦点を当てており、参加者が新しい考え方を実業務にどのように応用できるかを学ぶことができるようになっています。この研修を通じて、従業員はDXリテラシーを身に付け、自社のデジタル変革を推進するための実践的な能力を強化することが期待されます。

さらに「DXリーダーズプログラムは、業界をリードする豊富な経験と専門知識を持つ講師たちが指導にあたります。実際のビジネスシーンでの成功経験を基に、実践的な学びを提供しています。彼らの指導のもとで、参加者はDXの基本から応用までを深く理解し、DX推進の即戦力としての能力を磨くことができます。

DXリーダーズプログラム受講者の感想

頭でわかっていても難しいことをワークショップで実践でき、有意義な時間
日本マイクロソフト株式会社 インフラストラクチャ&サービス営業本部

前職は、データサイエンティストで、データを使ってどうビジネスを変えていくか?に取り組んでいました。今は、自社のソリューションを使って、お客様のDXをどう加速させるか?に取り組んでいます。

そうなると「データ」や「自社のソリューション」を使って、どんなことができるか?というスタートになってしまいます。ですが、今日学んだことは、「お客様がどんなことをなし得たいのか?」からスタートしましょう!ということです。

データや何を使うかはもっと先の話で、何をしたいか?そのために何が必要か?さらには、どういう機能が必要か?落とし込んでいく必要があるということです。改めて、頭では分かってことをワークショップで実践できました。今後の私の仕事に非常に役立ちそうで有意義でした。

「自社をDXするとはどういうことか」を考えられる期間
兼松株式会社 IT企画部DX推進室

プログラム最後の「自社をDXする」という課題が印象的でした。DX・IT部門は社内で、どちらかというと「お手伝いをする」立場が多いと思います。自社業務を変革するとしたらどういうことが考えられるか、について今までと違う頭の使い方・考え方ができました。

宿泊があり研修以外の時間も共有できたことは、学びへのモチベーションを保てた秘訣だと感じました。修了後にはアルムナイ向けの学びの場を用意していただいているので、継続的に参加者同士で話せる機会があるのはこのプログラムならではだと思います。今もコミュニケーションとって現状を共有しあっています。

■DXリーダーズプログラムを体験してみよう

DXリーダーズプログラムを受講することで、参加者はデジタル時代における革新的なビジネスモデルの構築、チーム内外での効果的なコラボレーション、そしてAIやデータを駆使した戦略的な意思決定能力を身に付けることができます。

これらのスキルは、DXの推進において中核となる要素であり、受講者が自社のデジタル変革をリードする上で強力な武器となります。DXリーダーズプログラムに興味をお持ちの企業様は、ぜひ以下のリンクから詳細をご覧ください。

次回のリーダーズプログラムは9月6日開講!

パソナデジタルアカデミー編集部

当サイトの執筆者はパソナデジタルアカデミー編集部のメンバーです。DX人材育成を掲げ、社内外で研修を行いながら最新情報を発信し、お役立ち記事を提供しています。また、プログラムの営業も日本全国で積極的に行っています。

おすすめ記事

カテゴリから探す

  • すべて

まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ